国際ロータリー第2530地区 – 郡山アーバンロータリークラブ

活動計画

  • HOME »
  • 活動計画

2017−2018年度 郡山アーバンRC委員会別活動計画書

【S.A.A.】

S.A.A.
長尾 勉
副S.A.A.
釆女 真弓/鉄地川原 正顕

“楽しい例会づくり”を第一義として、予算的には非常に厳しいものがありますが、会員の皆さんの協力で乗り切りたいと考えております。予算にしばられて毎回の例会が無味に流されない会員各位の創意工夫を積極的に取り入れて、例会出席への意欲を高めたいと思います。
基本的なことですが、例会には開会時刻10分前には顔を出すよう、ロータリーバッジはかならず着用すること、各テーブルが固定化しないよう交流を深めて下さい。

【クラブ管理運営委員会】

委員長
釆女 真弓

クラブ管理運営委員会は4つの小委員会で構成されています。
プログラム委員会 出席委員会 親睦活動委員会(ロータリー家族) スマイルBOX委員会 この4つの委員会はクラブの目的である例会出席に関わる重要な委員会です。例会が活発で充実し親睦が深まる内容となる様、委員会の皆様と協力して活動して行きたいと思います。
一年間どうぞよろしくお願い致します。

・プログラム委員会

委員長
小林 悦子
副委員長
鈴木 かおる

今年度プログラム担当ということで責任重大で緊張しています。宜しくお願い致します。
〈活動計画〉
花火大会観賞や夜の例会、ゲスト卓話等魅力あるプログラムをお届けできる様、努力して参りたいと思います。
御指導、御鞭撻のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

・出席委員会

委員長
増子 ふみえ
副委員長
津野 順子
委員
宮澤 キヨ子

会員の皆様が例会に出席していただき、出席率向上となりますように皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
また、欠席の方にはメーキャップ制度を理解していただけるように努めてまいります。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

・親睦活動委員会

委員長
大山三起雄
副委員長
石堂 勝壽
委員
長尾  勉/小林 真砂子/飯原 由香/宗形 千鶴
土田 博/渡邉 孝子/向山 良作/大和田 好男
滝田 幸子/渡邊 万里子

ロータリーを楽しく!人生を楽しく!
私はアーバンロータリーに入会して、今迄と違った友人に出会い、ロータリーに感謝しております。重い荷物を肩から降ろして楽しい親睦活動をしたいと思います。
まずは、出帆式を始め最終例会迄6回の行事がありますが、内容については、ひと味、楽しくおもしろい企画をしたいと考えております。ご期待下さい。 皆様方の御協力をよろしくお願い致します。

・スマイルBOX委員会

委員長
渡邉 孝子
副委員長
宮澤 キヨ子
委 員
津野 順子

初めてスマイルBOX委員長を務める事になりました。
白岩会長の下、笑顔で楽しい委員会になるよう先輩達の活動に学びながら努力して参ります。引き続き、皆様の温かいボックス献金と、コメントのご協力をお願い致します。

【会員増強委員会】

委員長
味戸 誠一郎
副委員長
滝田 幸子
委  員
渡邊 万里子/武藤 起代子

会長方針 純増2名以上の新規会員の入会をめざし活動してまいります。会員増強は、いろいろな組織が直面している難題です。郡山アーバンRC全会員が取組む最大の課題です。皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。

【広報委員会】

委員長
飯原 由香
副委員長
宗形 千鶴
委員
小野田 功

白岩会長のもと公共イメージの向上を目標に活動して参りたいと思います。一年間宜しくお願い致します。

  1. クラブ会報の発行をします。
  2. ロータリー奉仕活動の内容を新聞などで情報発信します。
  3. ロータリーの友に掲載された折の記事の紹介をします。

【IT委員会】

委員長
橋本 弘幸
副委員長
小林 真砂子
委員
小林 由拓

今年度の会長方針の「中核的価値観をさらに理解し実践する事」を掲げられ、具体的な内容として、親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップという事なので、IT委員会としても、産業革命以来の大転換のこの時代に必要不可欠なITを会員増強等に活かせるように頑張っていきたいと思います。本年度、MY ROTARYへの登録100%とホームページの活用を目標とします。未登録の会員の方々含め、皆様のご指導ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【奉仕プロジェクト委員会】

委員長
鈴木 かおる

職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕の委員会の4奉仕委員会で運営していきます。
我がクラブでは、たくさんの継続奉仕活動をしております。各委員会の連携をとりながら実り多い活動をしていきたいと思います。

・職業奉仕委員会

委員長
安中 利夫
副委員長
土田  博
委員
鈴木 尚子/小林 真砂子

高い職業倫理を持ち仕事に向き合うことがロータリーの基礎でもあります。今年度は、会員卓話などにより、他業種への理解を深めること、及び恒例となっております「無料困りごと相談会」の開催などを考えております。皆様のご協力をお願い申し上げます。

・社会奉仕委員会

委員長
向山 良作
副委員長
鈴木 尚子
委員
味戸 誠一郎

例年に引き続き、福島県立聴覚支援学校及び郡山市立希望ヶ丘学園への支援を行ってまいりたいと思います。なお担当例会では、ゲスト卓話をいただこうと考えております。またペットボトルキャップの回収につきましても、2530地区の指標に従い進めたいと思っております。皆様のご協力よろしくお願いいたします。

・国際奉仕委員会

委員長
宮﨑 登志行
副委員長
渡邊 万里子
委員
飯原 由香

2018-2019年度ガバナー方針に国際奉仕活動を活性化させようとあります。この方針を受けて、当クラブで何が出来るか、一年間を通じ考えていきたいと思います。台湾新竹東北区ロータリークラブとの交流事業も参加者が少なくなりつつある現状や、エコキャップの回収が2530地区として打ち切りとなったことなどを踏まえ今後の国際奉仕の方向性を模索していきます。皆様方のご協力を宜しくお願い致します。

・青少年奉仕委員会

委員長
鈴木 かおる
副委員長
藤田 弘美
委員
小林 悦子/小野田 功

青少年奉仕は国際ロータリーの指定プログラムです。会員の高齢化でパワーダウン、存続の危機の可能性も出てきています。ロータリーについて知識のあるローターアクターは次世代の後継者となります。前年度の持越し課題である、

  1. RAC設立準備委員会を立ち上げ、我がクラブだけでは困難と思われるので共同提唱の方向で考えて行きたい。
  2. 郡山アーバンRC杯中学野球大会の開催
  3.      
  4. RYLA研修会への参加 2019年3月2日(土)、3日(日)

【ロータリー財団委員会】

委員長
土田 博
副委員長
安中 利夫
委員
鉄地川原 正顕

2018-2019年度地区活動方針と目標の中に、ポリオ撲滅への取り組みと支援及びロータリー財団への理解と活用が掲げられています。

◇ポリオ撲滅への取り組みと支援について
 あと少し、本当にあと少しで撲滅が可能となります。「歴史をつくるカウントダウン」を合い言葉に、ポリオ撲滅に対する興味と関心を持ち、撲滅を支援することが必要です。また、この活動を広く一般に知ってもらうための努力も必要です。ロータリー財団の活動目標でもある「ポリオを撲滅する。End Polio Now」の達成に協力します。

◇ロータリー財団への理解と活用について
 研修会に参加してロータリー財団の理解を深めます。財団の補助金や活動について情報を提供し、参加を促します。学友やボランティア経験者を招き、財団を通じてどのような体験や活動が実現したかを話してもらいたいと思います。地区目標である年次基金への寄付として会員一人当たり$150及び「ポリオを撲滅する。End PolioNow」の最終段階へのスタート年度としてポリオプラス基金への寄付として会員一人当たり$30の目標を達成させたい。ロータリー財団は、世界で良いことをするための基金であり社会奉仕、国際奉仕活動の原資になっていると理解しました。世界で良いことをするために、そして、ポリオを撲滅するために、ロータリー財団への皆様方の協力をお願い致します。

【米山記念奨学会委員会】

委員長
藤田 弘美
副委員長
橋本 弘幸
委員
宮澤キヨ子/大山 三起雄

米山記念奨学会の財源はロータリアンの寄付で運営しております。そのためにも地区方針でありますように普通寄付金5,000円/人、特別寄付金10,000円 /人の達成に向けて、皆様のご協力をお願い申し上げます。寄付金は税制優遇を受けられます。
担当委員会日は、地区米山記念奨学会の奨学生の方から卓話を頂きたいと予定しております。今年一年よろしくお願いいたします。

【戦略計画委員会】

委員長
小口 憲太朗
副委員長
蔭山 寿一
委員
宮﨑 登志行

ロータリーは単年度制であり、新年度には会長以下すべてのメンバーが新鮮な気持ちで新しい方針のもと新しい役割を務めます。それがロータリーの良いところですが、組織の強化や地域社会との関係の深化の為には長期的な視野も必要です。戦略計画委員会の存在意義はここにあります。
故初瀬行雄ガバナーがご就任にあたり、地区内のすべてのクラブに女性会員を入れるよう要請したところ、どこからも色よい返事がなかったため、「最初から女性会員のいるクラブを創ろう」と出来たのが当クラブです。例会には様々な方がメーキャップにお出でになり、「女性のいるクラブは雰囲気がいいな」と各クラブ改革のきっかけになったと伺っております。設立当初より、女性の活躍するクラブの先駆けとして、女性ならではの感性を活かし男目線に偏らない活動を続けてきたのが、我がクラブの誇りです。
前任の橋本委員長とも連携し、内には居心地よく「郡山URCに入っていてよかった」と言っていただけるように、外には存在感を高め「ぜひコラボしましょう」「私も会員になって活躍したい」とオファーの絶えない会となるよう活動してまいります。よろしくお願い申し上げます。

PAGETOP
Copyright © 郡山アーバンロータリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.